多様化する食材の流通ニーズに、的確に対応します

冷凍食品は、今や日本の豊かな食文化を支える重要な食材になりました。最近ではその形態も原料から加工された製品へと移行し、物流サービス分野でもさまざまな対応が求められています。
ベニレイ・ロジスティクスは、そのような食の流通環境の変化を受けて「丸紅・ベニレイグループ」の冷蔵倉庫運営会社として平成19年4月1日に新たなスタートを切りました。
現在(株)ベニレイをはじめ丸紅グループの食材流通の一翼を担う存在として、大手量販店、コンビニエンスストア、外食産業など、国内マーケットのニーズに合わせた最適なロジスティクスサービスをプロデュースしています。

産地と消費者の架け橋を目指したBLSのロジスティクスフロー